コロナ禍で9本のサービスをリリースして見えてきたこと 〜事業撤退と2021年のDXフォーカス〜

1.コロナ禍で9本のサービスをリリースしてみた

2020年のはじめから9本の自社サービスをDATAFLUCTでローンチしました。2月〜11月ごろにかけて連続的にローンチしてきました。サービス開発ってやると決めてから約6-9ヶ月くらいでプロダクトローンチまでいきます。市場調査をしてインタビューをしてモックアップを作ってデータを仕入れて、デザインをして、開発をして、公開をして、セールスをしていくという流れです。

  1. AI商圏分析による事業用物件検討サービス「DATAFLUCT marketing.」 / DATAFLUCT
  2. 深層学習を応用した画像検索AIにより誰でも手軽に衛星画像を利用できる「DATAFLUCT discovery.」/ DATAFLUCT
  3. 衛星画像やPOSデータなどのオルタナティブデータを活用した上場企業のAI業績予測サービス「DATAFLUCT financial.」 / DATAFLUCT
  4. 衛星データ解析による都市課題可視化サービス「DATAFLUCT aline.」 / DATAFLUCT
  5. モビリティサービスにおけるデータ収集・分析・ソフトウェア開発まで一気通貫で支援する「DATAFLUCT mobility.」/ DATAFLUCT
  6. 衛星データ解析による野菜の仕入れ価格予測サービス「DATAFLUCT agri.」 / DATAFLUCT
  7. 「自然言語処理」でSNSデータと顧客データの関係性を簡単に可視化し、SNSキャンペーンの効果検証を可能にするAutoML-SaaS型ツール『DATAFLUCT insight-search.』 / DATAFLUCT
  8. ミシュラン三ツ星店や本格江戸前鮨店のグルメをお弁当に!プレミアムな食体験を届ける移動販売プラットフォーム『WHEEL kitchen』 / DATAFLUCT
  9. “青果物のサプライチェーン”をビッグデータの活用によって垂直統合し、未来予測で最適化する『DATAFLUCT food supply chain.』/ DATAFLUCT

2.DATAFLUCTはどんな会社か

あらためて私たちは何者か、どこにいきたいのかを、整理するために、簡単に自己紹介させていただきます。

ビッグデータ活用を軸とした、データサイエンス・スタートアップスタジオです。

私は衛星画像、気象、通信、IoT、POS、移動などの様々なデータを活用して、様々な産業へのデータ活用を、リーダーシップを持って進めていく会社DATAFLUCTを経営しています。

DATAFLUCT

データを商いに。

というビジョンを掲げています。

なぜ、様々な産業に同時参入する必要があるのか?

DATAFLUCTは「データを商い」にというビジョンを実現するために「全体最適のアルゴリズムを社会実装する必要がある」というミッションを掲げています。社会全体という大きなものを本気でターゲットにしています。

「データの世界で世界を一つにする」

という着想にたどり着きました。

なぜ、様々な産業に同時参入する必要があるのか?

その答えは、

社会システムの全体最適のためには、全ての領域のデータをつなげる必要があったから

ということになります。そのビジョンを描き、2020年にはたくさんのサービスをローンチしてきました。プロダクトを様々な業界に届けることで、データを手に入れることができました。そういった意味ではビジョンに向けて少し前進した2020年だったと言えると思います。

3.事業撤退とDXフォーカス

少なくともDATAFLUCTは、スタートアップスタジオという側面もあり、爆発的に事業を作る一方で、撤退も数多くやっていくスタイルをとります。

2021年は何にフォーカスするのか

現時点で進めていくのは、

企業内データ活用(DX)か、 SDGs系か

の2方向のみになりました。

DATAFLUCT の事業領域

便利なツールとサービスを同時に届けることで多くの会社のDXを支援する

そういう考えを持つようになって最初にやるべきことは何か、考えていました。データサイエンティスト集団として、自分たちが欲しいものを作ろうと考えました。それは、マルチクラウド の機械学習プラットフォームだったのです。

4.まずは、マルチクラウド AutoMLにフォーカス

第一弾として先週リリースしたのがマルチクラウド AutoMLのCloud-terminal.です。いろんなクラウドサービスが乗り入れているイメージからこのプロダクト名にしました。

『DATAFLUCT cloud terminal.』

正式版を月額50,000円から提供開始/マルチクラウド環境で最適なAutoMLモデルを簡単・スピーディーに構築できる機械学習プラットフォーム

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000042.000046062.html

  • 一つのクラウドしか使っていない
  • DataRobotの営業を受けたが高すぎる
  • データあるけど使いこなせてない
  • データあるけど他部署が管理していて触らせてもらえない

どこよりも安く、マルチクラウド が使える

どこよりも安く、AutoMLが使える、

という価値を提供します。CSVデータをアップロードするだけでめちゃくちゃ精度のいいアルゴリズムを自動で構築してくれます。しかも、たった5万円で。

  • 他のクラウドに契約しなくてもいい。Azureユーザー、AWSユーザーがterminal経由でBigQueryが使える(めっちゃはやい、プラグイン多い、日本語のドキュメントがある)
  • 操作がシンプルで細かい設定をしなくても利用できる(AWSは利用までが結構めんどくさい。)
  • データインプット・アウトプット用のS3が用意された状態で使えるため、セキュリティ設定などを考慮する必要なし
  • 定額制のためコストの見通しが立てやすい(既存のクラウドのAutoML機能は従量課金なので、トレーニング費用がいくら掛かるか分からない)
  • データサイエンティストを使うよりも時短になる(1ヶ月間が3hくらいに。)
  • デプロイが簡単にできる。
  • 各クラウドの構築のお作法を吸収してくれる。
  • すぐ辞められる/1ヶ月でやめられるよ(PoC期間中の利用のみもOK)

--

--

datasciece for everybusiness! a Venture Builder DATAFLUCT CEO / JAXA J-SPARC producers /ex-Nikkei,Recruit,MACROMILL,Benesse.

Love podcasts or audiobooks? Learn on the go with our new app.

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store
Hayato Kumemura

Hayato Kumemura

datasciece for everybusiness! a Venture Builder DATAFLUCT CEO / JAXA J-SPARC producers /ex-Nikkei,Recruit,MACROMILL,Benesse.